健康診査一覧

健康診断では様々な治療を行っていきます。どの健康診査でどんな病気がわかるようになるのでしょうか?分かりやすいようにまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

診察

健康診断では必ず行われるのが、医師による問診 と診察です。これにより気になる症状などを医師に伝えることができます。また場合によっては詳しく検査をするかどうか?を決めていくことになります。

 

身体測定等

身長・体重・血圧・BMI・腹囲など、体のあらゆるサイズを測っていきます。これによって、太りすぎ、痩せすぎ、生活習慣病になっているか、血圧は正常か、といった一般的なことを確認することができます。また視力・聴力検査も行われます。きちんと見えているか?聞こえているか?ということも調べられます。

 

尿検査

尿検査によって。尿蛋白 、尿糖 、尿ウロビリノーゲン、尿潜血 、尿アセトン体、尿ビリルビン、尿清濁、尿PH 、尿比重、尿沈渣顕微鏡検査などが行われます。これらの検査によって腎臓の働きが正常か?などということが調べられます。

 

大腸検査

大腸がんなど、大腸の病気を調べるために便潜血反応検査2回法などが行われます。大腸はなかなか自覚症状などが少ないところであるために、自分では把握していない病気の発見にもつながる可能性があります。

 

血液一般検査

血液検査によって、赤血球数、血色素測定、白血球数、ヘマトクリット値、血小板数、MCV、MCH 、MCHC などの検査の結果を知ることができます。血液を調べることで、様々な病気について知ることができます。とくに白血球の異常な数値は、何らかの大きな病気を意味することがあります。

脂質検査

この検査によって、総コレステロ‐ル、中性脂肪、HDL‐コレステロ‐ル、LDL‐コレステロ‐ルなど数値を知ることができます。この検査によって、メタボの傾向があるか?コレステロールを下げるために投薬の必要があるか?将来的には脳血栓などのリスクがあるか?ということを知ることができます。

 

そのほかの検査

心電図検査によって、心臓の働きについて知ることができます。また肝機能検査・腎機能検査などそれぞれの臓器の機能について知ることができます。また内視鏡などでは胃や十二指腸の病気、またはがんなどを発見することができます。  
さらに子宮がん検診 ・乳がん検診など女性系の病気についても健康診断のオプションとして知ることができます。そのほかにも希望した検査の結果などについて知ることができます。