30代女性が受けておきたい健康診査

30代は、社会でも家庭でも忙しい年代といえます。社会人としても活躍が期待されるようになる30代、また家庭でも家族が増えるなどの変化の多い世代となっています。そんな忙しい世代だからこそ、自分の体の不調に気を配りづらいといえます。そんな30代の女性がチェックしておきたい健康診査とはどのようなことでしょうか?

 

30代は元気でも若い時の無理が出てくる

30代が健康診断で確認すべきポイントとしては、10代から20代の時に無理をしたツケが出やすい年齢であるということです。体力的には30代になると落ちてきます。そのために。食べ過ぎや多少の睡眠不足など、無理が体の不調としてあらわれます。また不規則な食習慣なども、体へのストレスとなっていることでしょう。そのために体の一般的な機能についてしっかりと調べておきましょう。

 

メタボも気を付けて!

メタボリックシンドロームは、肥満という問題だけではありません。血管の老化、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常などを引き起こしてしまいます。これが生活習慣病につながっていきます。のちに生活習慣病は大きな病気を引き起こしてしまうケースも少なくありません。
メタボになりやすくなってくる30代には、しっかりと自分の脂質などについてもチェックしておきましょう。

 

女性系のがん

どんな世代でも気をつけたいのが、がんではないでしょうか?30代くらいから発症するのが、消化器系のがんです。でも女性がもっと気を付けておきたいのが、女性系のがんです。30代女性は、妊娠・出産を経験する人が増えてきます。それを機に、病気になってしまうことも少なくありません。
特に乳がんや子宮がん、卵巣がんなど女性特有のがんは、30代くらいからリスクがとても高くなります。特に乳がんは女性の死亡原因のトップです。十分に注意が必要です。しこりはないか、不正出血や月経過多など、普段の生活でも気を付けておきたいことは多いのですが、健康診断を上手に利用して徹底的な検査で、がんを早期に発見できるようにしましょう。

 

妊娠などをきっかけに起こる病気

30代の女性が妊娠・出産を経験します。これがきっかけて起こってしまう病気としては、甲状腺疾患や自己免疫疾患があります。これらの病気ははじめは、全身倦怠感や体力低下など一般的に疲れと似た症状があるために、気が付きにくい病気でもあります。そんな病気をしっかりと健康診断でケアすることで、より元気に30代を過ごすことができます。